PR

地方 地方

宇都宮市長「しっかり運営」 3人制バスケ、11月に世界一決定戦

 11月2、3日に宇都宮市で初開催されるバスケットボール3人制男子のクラブチーム世界一決定戦「3×3(スリーエックススリー)ワールドツアーファイナル」の記者発表が23日、東京都内で行われた。バスケ3人制は2020年東京五輪での採用が決まっており、大会実行委員会委員長の佐藤栄一・宇都宮市長は「世界から注目されるファイナル。東京五輪の前哨戦として、しっかり運営させていただく」と力を込めた。

 世界11都市で開かれるマスターズ大会の優勝チームなどが一堂に会して頂点を競う大会で、日本での開催は初めて。宇都宮市では、今回も会場となる宇都宮二荒山神社前のバンバ市民広場で3年続けてマスターズ大会が開かれており、集客力や小学生への普及活動が評価されてファイナル誘致が実現した。

 大会中は宇都宮餃子(ギョーザ)祭りやジャズフェスティバル「MIYA JAZZ INN」も市内で開催予定で、「多くの来場者に楽しんでいただき、宇都宮の素晴らしさを世界に発信する」と佐藤市長。地元チーム「UTSUNOMIYA BREX.EXE」の斎藤洋介は「ファイナルに出場できるよう頑張りたい」と意気込んだ。

 同1日の前夜祭では東京五輪の出場枠(男女各8、日本は開催国枠で出場)のうち、男女各4枠の出場国が発表される。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ