PR

地方 地方

【夏の高校野球】作新16安打、黒羽に快勝

 第101回全国高校野球選手権栃木大会は18日、県営球場など3球場で2回戦8試合が行われ、シードの作新学院、佐野日大、国学院栃木がそれぞれコールド勝ちを収め、3回戦進出を決めた。他に宇都宮商、今市工、小山西、真岡工、石橋が勝ち進み、ベスト16が出そろった。

 夏の栃木大会8連覇中の作新学院は、初戦で昨夏準優勝の白鴎大足利を破り勢いに乗る黒羽と対戦した。初回に1点を先制されるも、三回に4番・八重幡(やえはた)の適時打で2点を奪い逆転。中盤以降は打線をつなげて毎回得点を重ね、計16安打を放ち快勝した。

 シードの国学院栃木は真岡と対戦。二回に7番・勝盛(かつもり)の本塁打で2点を先制すると、三回、五回にも3点ずつを加え、流れを引き寄せた。真岡打線は国学院栃木の投手5人の前に無安打に抑えられ、涙をのんだ。

 宇都宮清原球場では秋、春の県大会を連覇した佐野日大が上三川と対戦。二回に9番・川崎の犠飛で先制すると、五回に打線が爆発。この回だけで5安打を放つ猛攻で7点を奪った。投げては先発の松倉が上三川打線を無安打に抑える好投を見せ、完勝した。

 3回戦は20日に4試合が行われる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ