PR

地方 地方

狭山市長選 現新一騎打ち 入曽駅周辺整備事業など争点

 任期満了に伴う狭山市長選は14日告示され、いずれも無所属で再選を目指す現職の小谷野剛氏(46)=自民、公明推薦=と、新人で元市議の町田昌弘氏(59)が立候補した。現職と新人による一騎打ちの構図となり、西武新宿線の入曽駅周辺整備事業などが争点となっている。投開票は参院選と同じ21日。

 小谷野氏は、西武新宿線の新狭山駅前で出陣式に臨み、「『狭山の未来を守る』というキャッチフレーズを愚直にやってきた4年間だった」などと1期目の実績を強調した。入曽駅周辺の整備事業に関しては「着工まであと一歩のところまできた。任期中に着工にこぎ着け、皆さんと完成を見届けたい」と訴えた。

 町田氏は選挙事務所での出陣式で、民営化の検討が進んでいる健康増進施設「サピオ稲荷山」について「多額の税金を投じた施設を民間に売ってしまうのは許されない」と批判。入曽駅周辺の整備事業も「住民から不安の声が寄せられている。住民と話し合って作っていくのがまちづくりではないか」と力説した。

 13日現在の有権者数は、12万9626人(男性6万5011人、女性6万4615人)。

 ◇届け出順 

小谷野(こやの) 剛(つよし) 46 無現〔1〕

市長(市議・参院議員秘書)専大             【自】【公】

町田(まちだ) 昌弘(まさひろ) 59 無新 

行政書士(市議・市職員)国士舘大            

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ