PR

地方 地方

都、70歳以上に踏み間違い防止装置など9割補助 31日から

 高齢ドライバーによる事故を防ぐため、都は31日から、アクセルとブレーキの踏み間違いを防止する装置などを付ける高齢者に対し、9割の補助を始める。補助制度は来年8月末までの期間限定で、その日までに支払いを済ませている必要がある。

 対象は都内在住で、今年度中に70歳以上になる人。補助限度額は1台10万円まで。個人の負担割合は4千円~1万円の1割程度になるとみられる。

 取り扱い事業者はイエローハット、オートバックスセブン、ダイハツ東京、トヨタモビリティ東京など計7社の約360店舗。希望者は各店舗に直接、相談・申し込みをし、事業者が車の状況を確認する。

 補助金は都の予備費を活用し、8億5千万円を計上した。70歳以上の免許保有率などを勘案して、計約2万台を想定している。事業者の連絡先などは都のホームページに掲載している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ