PR

地方 地方

淡路島「陸の港西淡」で初の写真展 慶野松原や沼島PR

陸の港西淡で開かれている「慶野松原・沼島」写真展=南あわじ市志知鈩
陸の港西淡で開かれている「慶野松原・沼島」写真展=南あわじ市志知鈩

 昨年4月にリニューアルした南あわじ市志知鈩の公共交通施設「陸の港西淡」で、初の写真展「慶野松原・沼島」が開かれている。同市を代表する観光名所を“交通ターミナル”から島内外にPRしようと18点を展示。好評のため、21日までの開催期間を8月20日まで大幅延期する。

 陸の港西淡ではリニューアル以降、飲食・物販ブースなどの充実を図ってきた。そんななか、国名勝に指定され、夕日の名所といわれる慶野松原や、国生み神話の島とされる沼島の認知度を高め、南あわじ市の観光振興につなげようと企画した。

 写真は「上立神岩」「吉甚」「慶野海岸」「プロポーズ街道」などいずれも南あわじ市が所蔵。中には沼島で「吉甚バッタリ・カフェ」を運営する川勝恵さんの作品も。また、2カ所に関連したグッズも販売されている。

 陸の港西淡の大矢光彦副所長(53)は、同市から業務委託された大手旅行会社の社員でもある。「慶野松原も沼島もすばらしい観光資源だが、PRや整備の面でまだまだ手つかずな部分がある。少しでもそうしたお手伝いをしていきたい」と話している。施設が開いている午前5時半から午後10時まで。無料。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ