PR

地方 地方

【夏の高校野球】石下紫峰などの4校連合が初戦飾る

【常総学院-鬼怒商】四回、常総学院は8番・手塚が生還し、3点差に広げた=11日午後、J:COMスタジアム土浦(永井大輔撮影)
【常総学院-鬼怒商】四回、常総学院は8番・手塚が生還し、3点差に広げた=11日午後、J:COMスタジアム土浦(永井大輔撮影)

 第101回全国高校野球選手権茨城大会は5日目の11日、6球場で2回戦12試合が行われた。J:COMスタジアム土浦では、春季県大会優勝校の藤代、常総学院の両シード校がそろってコールド勝ちを決めた。笠間市民球場では、県西4校の連合チームが初戦を突破した。

 藤代は第1試合で江戸崎総合と対戦し、初回から4点を奪い、七回コールドで決着をつけた。第2試合は、常総学院が三回に2番・中妻の適時打で先制し、主導権を握ったまま鬼怒商を七回コールドで破った。

 石下紫峰・岩瀬・岩井・坂東総合の4校連合は古河二と対戦し、初回に2点を奪われたものの、三回に一挙5点を返して逃げ切った。連合チームの初戦突破は、昨年の岩瀬・真壁・筑波に続き2年連続となる。

 12日は6球場で2回戦12試合が行われる。ひたちなか市民球場では、春の選抜に「21世紀枠」として初出場した石岡一が土浦湖北と対戦する。

 ▽2回戦

 【ノーブルホームスタジアム水戸】

 麻生     4-1  水戸工

 水戸商    8-1  古河一

       (七回コールド)

 【ひたちなか市民球場】

 鹿島学園   3-0  鉾田二

 総和工    4-0  勝田工

 【J:COMスタジアム土浦】

 藤代     9-0  江戸崎総合

       (七回コールド)

 常総学院   8-0  鬼怒商

       (七回コールド)

 【日立市民球場】

 つくば国際  3-2  磯原郷英

 日立商    5-1  藤代紫水

 【笠間市民球場】

 石下紫峰・岩瀬・岩井・坂東総合 8-5  古河二

 取手松陽   7-0  結城一

       (七回コールド)

 【県営球場】

 水戸桜ノ牧 11-1  常北校・竜ケ崎南

       (五回コールド)

 茨城     4-0  八千代

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ