PR

地方 地方

患者体内にシリコンチューブ置き忘れ 秋田大病院

 秋田大学医学部附属病院は11日、患者の体内に手術で使ったシリコンチューブを置き忘れた医療事故があったと発表した。

 南谷佳弘院長によると、昨年9月、腹部疾患の患者に手術をした際、体液排出用のシリコンチューブ(直径5ミリ)の長さ調節で切った約20センチ分を、そのまま体内に置き忘れた。

 手術は医師2人が担当し、術後に行った計8回のエックス線検査でも見落としていた。

 今年5月に経過観察のCT検査などで置き忘れに気付き、患者に説明・謝罪したうえで摘出手術を行った。患者は回復しているという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ