PR

地方 地方

追悼の花火打ち上げ 8月11日、被災3県など一斉に

 東日本大震災の発生から11日で8年4カ月を迎えた。犠牲者の追悼と復興の祈りを込め、岩手、宮城、福島の被災3県などで一斉に花火を打ち上げる「LIGHT UP NIPPON(ライト・アップ・ニッポン)2019」が震災月命日の8月11日に開催される。

 一般社団法人「LIGHT UP NIPPON」の主催。震災のあった平成23年に始まり、今年で9回目。開催地は全国に広がり、今回は熊本地震で被災した熊本県西原村、青森県鰺ケ沢(あじがさわ)町、秋田市などのほか、北海道胆振東部地震の被災地で同25日に打ち上げ予定の札幌市を含め16都道県24カ所で実施される。

 被災3県では月命日に岩手が野田村、宮古市田老、大槌町、宮城が石巻市雄勝町大須、福島が富岡町、いわき市久之浜など10カ所で開催。当日は午後7時半から一斉に花火が打ち上げられる。

 石巻市雄勝町大須の関係者は「震災で住民が流出したが、この日に合わせて帰ってくる人が年々増えている。夏になくてはならないイベントになっている」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ