PR

地方 地方

九州・沖縄の百貨店・スーパー、0.6%販売減

 九州経済産業局が発表した5月の九州・沖縄の百貨店、スーパーの販売額(速報、431店)は前年同月比0.6%減の1203億円と、2カ月連続のマイナス。うち百貨店は2.7%減の388億円、スーパーは0.5%増の815億円だった。5月のコンビニエンスストア販売額(速報)は3.1%増の1115億円だった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ