PR

地方 地方

西荻窪商店会補助金、都が2000万円返還要請 領収書偽造などで不正受給

 杉並区の西荻窪商店会連合会が、都の商店街振興事業の補助金を不正受給していたことが分かった。都は10日、これまで支給してきた5年間分の補助金約2千万円の全額返還を杉並区を通じて要請。違約金数百万円も求めるという。

 都によると、同連合会は、ウオークラリーなどのイベント「ハロー西荻」と祭り「西荻おわら風の舞」を毎年開催。平成26年度から昨年度までの5年間、踊り子への出演料が実際には40万円だったにもかかわらず、提出した領収書には70万円と上乗せして記載。さらに、協賛金の収入があるにもかかわらず、収入と計上せずに経費を過大に申告するなどして、都の補助金を不正受給していた。

 領収書の偽造により不正に得た総額は約110万円、未計上の協賛金は約897万円分にも上るという。5年前に一度指導しているため、都は「悪質性が高い」と判断。正当に受給した補助金も含め、全額返還を求めることにした。

 連合会の会長は取材に対し、「区の方と話し合いをしており、結論が出ていないので何も話すことはできない」とコメントした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ