PR

地方 地方

横浜市民ギャラリーで「第34回21世紀国際書展」開幕 会派・流派超えた500点を展示

 県内を活動拠点とする書家の会派・流派を超えた書道の公募展「第34回21世紀国際書展」(主催・産経新聞社、21世紀国際書会)が10日、横浜市民ギャラリー(同市西区)で始まった。

 3階から地下1階の全展示室に多彩な作品500点余りを展示。各賞の受賞作に加え、安倍晋三首相の力作も特別陳列され、来館者を楽しませている。

 今年で出品は6度目という都内在住の高橋遊壽さん(53)は、横浜市内で会社を経営。「時間があったので、さっそく来ました。力作ぞろいですね。諸先輩方の作品を拝見させてもらい、とても刺激を受けました」と話していた。

 14日まで。午前10時~午後6時(最終日は同4時まで)。

 入場無料。13日にホテル横浜ガーデン(同市中区)で授賞式・祝賀会が行われる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ