PR

地方 地方

千葉県の強化指定選手に130人 東京五輪・パラリンピック

 来年夏の東京五輪・パラリンピックに向け、県と県教育委員会は、出場が期待される本県ゆかりの130人を今年度の強化指定選手に決め、10日、指定証の授与式を千葉市内で開いた。

 今年度新たに指定されたのはプロバスケットボールBリーグ、千葉の富樫勇樹選手(25)ら40人で、強化指定選手は五輪が77人、パラが53人となった。強化指定選手は競技団体を通じて県から遠征費や道具代などの補助が受けられる。

 式では、滝川伸輔副知事が、日本サーフィン連盟の強化指定選手で一宮町在住の川合美乃里選手(18)と昨年のジャパンパラ水泳競技大会50メートル自由形で優勝した千葉市在住の荻原虎太郎選手(16)に指定証を授与。川合選手は「高校で引っ越してきてから毎日練習している場所で行われる東京五輪に出場して、いい成績を残せるように頑張りたい」と意気込みを語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ