PR

地方 地方

テロ対策施設の工期短縮へ努力 鹿児島

 九州電力川内原発(鹿児島県薩摩川内市)の安全性や避難計画を検証する県の専門家委員会が10日、鹿児島市で開かれた。九電の担当者は、設置作業が遅れているテロ対策の「特定重大事故等対処施設」(特重施設)について「工期短縮へ最大限の努力を継続する」と強調した。完成時期には触れなかった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ