PR

地方 地方

防災ヘリ事故から1年 8月11日、群馬・中之条で犠牲者追悼式

 県防災ヘリコプター「はるな」が中之条町の山中に墜落した事故の発生から1年を迎えるのに合わせ、県は8月11日に中之条町のバイテック文化ホールで殉職した消防職員7人の合同追悼式を開くと発表した。県と県消防長会が主催。遺族らが参列し、献花するなどして犠牲者の冥福を祈る。

 昨年12月の追悼式は高崎市で開催。中之条町などに住む遺族の負担を考慮し、事故現場にも近い場所での開催が適切と判断した。

 事故は昨年8月10日に発生。登山道の視察をしていた「はるな」が中之条町の山中に墜落し、県防災航空隊に派遣されていた吾妻、多野藤岡両広域消防本部の各1人と吾妻広域消防本部の5人、運航業務を委託されていた東邦航空(東京)の2人の計9人が死亡した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ