PR

地方 地方

【夏の高校野球】伊勢崎清明が延長サヨナラ 桐生、桐生西に雪辱果たす

 第101回全国高校野球選手権県大会は9日、上毛新聞敷島、高崎城南、桐生の3球場で1回戦8試合が行われ、春の大会8強の伊勢崎清明が延長十回サヨナラで辛勝、利根商も粘る嬬恋に1点差まで詰め寄られたが逃げ切った。桐生も延長十回、劇的な逆転サヨナラで桐生西を下すなど熱戦を繰り広げた。春8強の前橋商は順当に勝ち上がった。

 太田工に先制を許した伊勢崎清明は六回、4四死球の押し出しで追いついたが、その後はもつれ、延長十回、一死満塁から左前打でサヨナラ勝ちした。

 四回までに4点を挙げた利根商に対し、嬬恋も五、六回に長短打で3点を奪い追撃。終盤も走者を出し粘ったが、及ばなかった。

 5-5の延長十回、桐生西に2点を許し敗色漂う桐生は3点を挙げ逆転サヨナラ勝ち。春に1-8で敗れた相手に雪辱を果たした。

 このほか、高崎商、館林、桐生市商、高崎が勝ち上がった。

                   ◇

 ▽1回戦

 【上毛新聞敷島球場】

 太 田 工000 010 000 0 -1

 伊勢崎清明000 001 000 1x-2

     (延長十回)

(太)亀山-石井

(伊)荒木、加川-川田

 利根商200 200 000-4

 嬬 恋000 021 000-3

(利)地野、狩野-和田

(嬬)黒岩広、佐藤真-水出

▽本塁打=水出(嬬)▽三塁打=岡部(嬬)▽二塁打=田村翔、山崎(利)小川龍(嬬)

 桐生西000 010 040 2 -7

 桐 生010 001 210 3x-8

 (延長十回)

(西)北村-三俣

(桐)川崎、加藤、高瀬-原

▽二塁打=北村、松島(西)町田、津久井(桐)

 【高崎城南球場】

 富 岡000 000 100-1

 前橋商000 101 14×-7

(富)三浦、津金沢、坂本、長岡-小暮

(前)井上、佐藤-西岡

▽二塁打=小松(前)

 高崎商120 010 002-6

 大間々000 000 100-1

(高)橋本-渡辺

(大)青木-山後

▽三塁打=渡辺(高)▽二塁打=星2、高津(高)真下崇、小島(大)

 渋川工000 010-1

 館 林330 014-11

 (六回コールド)

(渋)樺沢、黒岩大-福田

(館)八下田-小林

▽三塁打=家冨(館)▽二塁打=東、吉田、小林、八下田(館)

 【桐生球場】

 勢多農林000 100 000-1

 桐生市商120 100 00×-4

(勢)木村-桜井

(桐)五十嵐-疋田

▽二塁打=吉沢(勢)石田(桐)

 高崎東000 000 0-0

 高 崎000 413 ×-8

 (七回コールド)

(東)北村、佐藤-小林憲

(高)北爪、飯島-村山

▽二塁打=平柳2(東)飯塚、宮石(高)

                   ◇

 ◆前橋商・井上からヒットも 富岡3年・酒井一歩主将

 試合前からネット裏には異様な雰囲気が漂っていた。ビデオカメラやスピードガンを手にしたスカウトとおぼしき一団がバラけて陣取っている。視線の先は、大会注目の左腕、前橋商のエース井上温人(はると)だった。

 「力まないで、とにかく打っていけ。あの前商の井上からヒットを打てたら、おまえはヒーローだ」

 先攻・富岡の先頭打者、酒井一歩(かずほ)主将は朝、父親の俊明さん(47)から言われた通り狙い球を絞り3球目、待っていた直球を思い切り振り抜いた=写真。中前打。一塁を駆け抜けると、父のいる三塁スタンドに向かって高々と手をあげた。

 だが、後が続かない。前橋商のエースは前評判の直球より緩急織り交ぜた投球を駆使して連打を許さず、七回、死球と2安打で1点を挙げるのが精いっぱいだった。

 富岡は1年生、三浦吏騎(りき)を先発に抜擢(ばってき)、シード校相手に六回まで3安打2点に抑えた。だが継投の3投手が5失点。「前半は善戦したが、後半は完敗だった」と中野光士監督。酒井も安打の後は沈黙した。

 「力のある1、2年生がいるので次のチームに期待している」。ヒーローになれたのかどうか。語らないまま、主将はチームメートの輪の中に戻っていった。

 (橋爪一彦)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ