PR

地方 地方

茨城知事の所得1999万円 県議平均は1656万円 平成30年分

 県は8日、資産公開条例に基づき、平成30年分の大井川和彦知事と県議の資産等補充報告書と所得等報告書を公開した。産経新聞の集計では大井川知事の昨年1年間の所得総額は1999万円で、県議49人の平均年間所得は1656万円だった。

 大井川知事は給与所得として1979万円、譲渡所得としての20万円などを報告した。

 県議は49人が公開対象となった。最も所得が高額だったのは4454万円の西條昌良氏(いばらき自民党、神栖市選挙区)で、次いで3749万円の鈴木定幸氏(同、常陸大宮市選挙区)、3555万円の川津隆氏(同、水戸市・城里町選挙区)だった。

 条例は前年1年間を通して知事と議員だった者に所得報告を義務づけている。知事分は県庁3階の行政情報センター、県議分は議会事務局でそれぞれ閲覧できる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ