PR

地方 地方

【参院選】埼玉中盤情勢 古川・熊谷氏大きくリード 伊藤氏と矢倉氏も優勢

 産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)による参院選(21日投開票)の中盤情勢調査(6、7両日実施)で、埼玉選挙区(改選数4)は、自民現職の古川俊治氏と立民新人の熊谷裕人氏が大差をつけてリードしている。次いで共産新人の伊藤岳氏と公明現職の矢倉克夫氏も優勢で、厳しい戦いを強いられている国民新人の宍戸千絵氏ら5人を引き離している。 (黄金崎元)

 情勢は調査時点で、態度を明らかにしていない人もいて、今後情勢が変化する可能性がある。

 埼玉選挙区は改正公職選挙法に伴い今回から改選数は1つ増えて4になり、現職2人、新人7人の計9人が舌戦を繰り広げている。

 6年前の参院選に続いて100万票以上の得票を目指し、トップ当選を狙う古川氏は強い支持基盤に支えられ、自民支持層をほぼ固めた。改選数増で自民は2人目の擁立を模索したが、今回は見送り、1議席を手堅く確保したい考えだ。

 立民の枝野幸男代表のお膝(ひざ)元(もと)だけに、トップ当選を目指す熊谷氏は立民支持層の大半を固めた。国民支持層の一部にも浸透。年金問題など安倍晋三政権批判を展開して無党派層を含めて支持拡大を図り、古川氏を猛追する。

 伊藤氏は共産支持層をほぼ固めた。消費税増税に反対する人たちからの支持も厚く、21年ぶりの議席獲得を目指している。自民から推薦を受けて再選を目指す矢倉氏も公明支持層をほぼ固めた。特に女性の支持が高く、優位な戦いを展開している。

 宍戸氏は国民支持層の半数を固めたが、無党派層への広がりを欠く。女性票の取り込みがカギを握る。日本維新の会新人の沢田良氏も維新支持層の大半を固めたが、伸び悩む。

 政治団体「安楽死制度を考える会」新人の鮫島良司氏、幸福新人の小島一郎氏、政治団体「NHKから国民を守る会」新人の佐藤恵理子氏は厳しい戦いだ。

◇選挙区立候補者

 届け出順(1増・4-9)

宍戸 千絵 41 元経産省職員 国 新 

伊藤  岳 59 党県常任委員 共 新 

矢倉 克夫 44 元農水政務官 公 現 【自】

沢田  良 39 党県幹事長  維 新 

鮫島 良司 64 会社員    諸 新 

熊谷 裕人 57 元市議    立 新 

古川 俊治 56 元財金委員長 自(細)現 

小島 一郎 48 党県代表   幸 新 

佐藤恵理子 33 タレント   諸 新 

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ