PR

地方 地方

鍛造の歴史や特徴学ぶ 京丹後の業者、丹後中学で出前講座

鍛造について出前講座を行う韋城製作所の山本真也社長(中央奥)=京丹後市丹後町
鍛造について出前講座を行う韋城製作所の山本真也社長(中央奥)=京丹後市丹後町
その他の写真を見る(1/2枚)

 京丹後市立丹後中学校(同市丹後町)は、1年生を対象に市内企業から講師を招く「出前講座」を実施した。生徒らは市内鍛造業者から、金属の強度を高める鍛造の歴史や特徴などについて学んだ。

 出前講座は「TANGO子ども未来プロジェクト推進協議会」が展開する小中学生向け事業の一環。

 同協議会は、丹後機械工業協同組合や府丹後教育局などが連携した組織で、子供たちに地場産業への関心を持ってもらうことを目的に出前講座を実施している。

 この日は、精密鍛造などを手掛ける韋城(いじょう)製作所(同市峰山町)の社員らが講師として参加した。鍛造の歴史や現状などを説明したほか、刀匠の仕事ぶりを紹介したビデオ上映などを行った。そして、全国では珍しく、市内に鍛造業者が5つもあることなどが紹介された。

 講座を受けた同校1年の上羽柚夕(ゆずゆ)さん(12)は「丹後ちりめん以外にも、有名な産業があることに驚いた」と話していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ