PR

地方 地方

茨城モルタル遺体、会社員殺害の妻に懲役23年 水戸地裁判決

 茨城県かすみがうら市のアパートから昨年7月、モルタルで固められた住人の会社員、氏家昇さん=当時(33)=の遺体が見つかった事件で、殺人などの罪に問われた妻の美穂被告(45)の裁判員裁判で、水戸地裁は5日、懲役23年(求刑懲役25年)の判決を言い渡した。

 寺沢真由美裁判長は判決理由で、昇さんが勤務先への返済のため保管していた現金を使い込み、約500万円を用意するよう言われ「夫がいなくなればよい」と考えて殺害を決意したと指摘。「身勝手で短絡的な動機と経緯に酌量の余地はない」と述べた。

 小学生だった娘に、寝ている昇さんが首を絞めるのに適した態勢かどうかを確認させたり、昇さんの手足を押さえさせたりして、渋る娘を事件に巻き込んだことを「強い非難に値する」とした。

 判決によると、美穂被告は昨年2月17日ごろ、自宅アパートで昇さんの首を充電ケーブルで絞めて殺害し、同3月上旬、遺体を袋に入れてモルタルを流し込み、クローゼット内に遺棄。虚偽の離婚届を提出し、児童扶養手当を詐取しようとした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ