PR

地方 地方

雨延々と、問い合わせ殺到 九州南部の自治体

激しい雨が降る鹿児島県霧島市内を歩く人=3日午前9時31分
激しい雨が降る鹿児島県霧島市内を歩く人=3日午前9時31分

 雨が延々と降り続く中、九州南部の自治体の危機管理担当者らは3日、各方面から殺到する問い合わせに応じながら、早めの避難を住民に呼び掛けるための対応に追われた。

 鹿児島県では、鹿児島市と霧島市の全域に避難指示が出された。防災情報を知らせる県ホームページはアクセスが集中し、断続的に閲覧しにくい状態に。県危機管理課の担当者は「普段は問題なく接続できる。こんな状況は初めて」と話した。

 鹿児島市は、平成5年8月に起きた水害で、避難指示を何度も出した。森博幸市長は防災服姿で記者会見し「同時多発的に土砂災害が起きてもおかしくはない。崖地や河川の近くの住民は、早めに避難を」と促した。

 九州新幹線の運転が見合わせとなったJR鹿児島中央駅では、利用客が改札前で駅員に運行の見通しを尋ねていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ