PR

地方 地方

【小・中学校将棋団体戦】山形大会 天童南部小Aと神町中V、来月の東日本大会へ

小学生の部で優勝し、表彰状を受け取る天童市立天童南部小Aチームの大将、高橋遥輝君(左から2番目)=29日、山形県天童市(柏崎幸三撮影)
小学生の部で優勝し、表彰状を受け取る天童市立天童南部小Aチームの大将、高橋遥輝君(左から2番目)=29日、山形県天童市(柏崎幸三撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 文部科学大臣杯第15回小・中学校将棋団体戦(日本将棋連盟、産経新聞社主催)の県大会が29日、天童市の北部公民館で開かれた。小学校が11チーム、中学校は4チームが参加し、天童市立天童南部小Aと東根市立神町中が優勝した。両チームは、7月23日に東京都千代田区の大手町サンケイプラザで開かれる東日本大会に出場する。

 天童南部小Aのメンバーは高橋遥輝君(3年)、阿部夏稀君(6年)、今野翔太君(同)。神町中のメンバーは那須桂馬君(3年)、山上心(やまがみしん)君(2年)、桐原考太朗君(同)。天童南部小A大将の高橋君は「1局目で少し負けそうになったが切り抜けた。全国大会では準優勝を目指したい」と話し、神町中大将の那須君は「全勝できて良かった。東日本大会を突破し、全国優勝したい」と抱負を語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ