PR

地方 地方

ありがとう、さようなら崙書房 「千葉」に根ざし半世紀…来月解散

 千葉県にこだわった書籍を、半世紀にわたり出版してきた流山市流山の「崙書房(ろんしょぼう)出版」が7月末で解散する。これまでに出版した書籍は約1千点。中でも歴史や風土、人物など幅広いジャンルを取り上げた同社の代名詞ともいえる「ふるさと文庫」シリーズは217册にも及ぶ。解散を惜しむ声は大きく、流山市立図書館で「ありがとう崙書房出版展」が開催されているほか、丸善ジュンク堂書店の県内3店では「さようなら崙書房フェア」が開かれている。(江田隆一)

 ◆文献の復刻で注目

 流鉄の終点、流山駅。駅近くにあり、看板を見落とせば民家と間違えてしまう木造2階建てが崙書房の社屋だ。1階は書庫で2階が事務室。小林規一社長(72)と小林さんを支える金子敏さん(71)、吉田次雄さん(68)、大竹トモ子さん(71)のスタッフ4人が最後まで忙しく仕事を続ける。

 崙書房は昭和45年にスタートした。設立当初は古い名著や文献の復刻版を手がけ、江戸時代末の「利根川図誌」(赤松宗旦著)、大正時代の「東葛飾郡誌」(県東葛飾郡教育会編)のオリジナル再現版を出版して注目された。「ふるさと文庫」は52年に始まり、最初の出版は「利根運河」。その後は、興味を持ったテーマを読者が掘り下げ、作家としてデビューするスタイルが定着した。通常の歴史書なら数行で終わる郷土の小さな出来事が一冊の本に書き上げられ、新刊が次々と出版された。

 ◆郷土愛あふれる書物

 また、産経新聞千葉版に連載された県内の名所・旧跡を案内する「温故知新」から100カ所をセレクトした「房総発見100」を平成10年に出版し、郷土愛あふれる一般書も世に送り出された。

 しかし、読者の高齢化により新たな書き手の登場が少なくなったことが痛手になり、最盛期には県内に2~300店ほどあった同社を支えた書店も相次いで廃業した。今では取引のある書店は60店ほどになり、約20年前に3代目の社長を引き継いだ小林さんは「体力のあるうちに幕を引こう」と解散を決めたという。最後のふるさと文庫は5月30日発刊の「房州那古寺界隈」(大場ヤス子著)。

 崙書房の50年間の出版物は流山市立図書館や各地の図書館に収められている。小林さんは「本が好きで続けることができた。本が図書館に残されることに感謝します」と話した。崙書房の問い合わせは(04・7158・0035)。

                     ◇ 

 「ありがとう崙書房出版展」は流山市立森の図書館(04・7152・3200)で7月20日まで(月曜休館)、同中央図書館(04・7159・4646)で7月24日~8月31日まで。

 「さようなら崙書房フェア」は丸善ジュンク堂南船橋店(047・401・0330)で7月20日まで、同津田沼(047・470・8311)と同柏モディ店(04・7168・0215)で7月31日まで開催されている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ