PR

地方 地方

福岡市がLINEで道路損傷通報 ごみ手数料支払い実験も

記者会見する福岡市の高島宗一郎市長
記者会見する福岡市の高島宗一郎市長

 福岡市は25日、無料通信アプリ「LINE(ライン)」を使って、道路や公園などの損傷や不具合を通報できるサービスを始めた。7月1日からスマートフォン決済・送金サービス「LINE Pay(ペイ)」で、粗大ごみ処理の手数料を支払える実証実験も始める。

 同市によると、道路不具合などの通報にLINEを活用するのは、政令指定都市で初めて。舗装やガードレールの傷みなどを見つけた場合、福岡市の公式アカウントを開き、専用画面で位置情報や不具合の状況、現場の写真などを案内に従って送信する。

 窓口や電話による同市への通報は、年間約1万9千件に上る。LINEを使うことで、通報者の手間が省け、市側も情報収集の効率化を図れるという。通報箇所が県道や国道だった場合は、担当組織に連絡する。

 また、粗大ごみの処理手数料をLINEペイで支払う実験は、全国の自治体で初めてという。まず中央区で始め、来年度から全市に広げたいとしている。

 同市の高島宗一郎市長は25日の記者会見で、情報通信技術(ICT)を活用した行政サービス向上の取りり組みについて「福岡市はスタートアップ都市だ。市民が恩恵を受けられるように、どんどんチャレンジしたい」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ