PR

地方 地方

九州産原料100%パスタで地域活性 宮崎のメーカー発売

九州産の原料100%の新商品「九州アイランド セブングレインパスタ」をPRする九州テーブルの桑畑宣孝取締役(左)ら=宮崎市
九州産の原料100%の新商品「九州アイランド セブングレインパスタ」をPRする九州テーブルの桑畑宣孝取締役(左)ら=宮崎市

 九州産の素材だけを使ったパンケーキミックスを販売する「九州テーブル」(宮崎市)が、九州産の原料100%の新商品「九州アイランド セブングレイン(七穀)パスタ」を国内と台湾で発売した。九州の農産物の魅力を多くの人に知ってもらうことで地元の農業を盛り上げ、地域の活性化につなげたい考えだ。

 創業約110年の伝統を持つ小林甚製麺(長崎県南島原市)と共同開発し、もちもちの食感と豊かな雑穀の香りが特徴。担当者らが九州各地を訪ね歩き、素材を見つけ出した。

 大分県産小麦、宮崎県の発芽玄米、長崎県産のもちきび、佐賀県の胚芽押し麦、熊本と福岡の古代米、鹿児島県産のうるち米と、九州7県の穀物を使用する。生産者も「全国に幅を広げていける」と期待を寄せる。

 開発担当の桑畑宣孝取締役(38)は「九州の食材を世界に届けたいという思いがある。第2弾として九州素材を使ったパスタソースや焼き菓子などを考えている」と今後も地域農業の発展に貢献していく熱意を見せた。スパゲティ、フェットチーネ、リングイネの3種類。各180グラムで税別350円。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ