PR

地方 地方

神崎町長に椿氏が初当選

 町長の死去に伴う神崎(こうざき)町長選は23日、投開票が行われ、無所属新人で元町議の椿等氏(64)が、いずれも元町議の宝田久元氏(67)と高橋正剛氏(57)の無所属新人2人を破り、初当選を決めた。投票率は70・38%だった。

 同町長選は平成16年5月以来、15年ぶりの選挙戦となった。立候補した3人は、今年5月に急逝した石橋輝一町長が進めた町政の継続を訴え、いずれも町道成田神崎線の早期開通や人口減少対策を公約に掲げるなど、大きな争点がないまま舌戦を繰り広げた。

 当日有権者数は5202人。

                   ◇

 ◇神崎町長選

              開票終了

 当   2102 椿   等 無新 

     1046 高橋 正剛 無新 

      485 宝田 久元 無新 

 椿(つばき)   等(ひとし) 64 〔1〕

 元町議(町職員・会社員)千葉工大

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ