PR

地方 地方

柔道日本男子、横浜で強化合宿

 柔道の世界選手権(8月25日~9月1日)に出場する81キロ級以下の男子日本代表が、横浜市の国学院大で強化合宿を公開し、3連覇を狙う66キロ級の阿部一二三選手や73キロ級で2016年リオデジャネイロ五輪覇者の大野将平選手らが精力的に稽古した。

 阿部選手は乱取り中に左足首付近を痛め、約1時間で練習を中断。患部を固定し、氷で冷やした。阿部選手はトレーナーの肩を借りて引き揚げたが「大丈夫です」と笑顔で話した。

 66キロ級は丸山城志郎選手も代表となり、両雄の争いに注目が集まる。阿部選手は練習前に「どんな相手でも対応できるようにつくり上げる」と気合を入れた。

 初の世界選手権に挑む丸山選手は4月の全日本選抜体重別選手権決勝で阿部選手を下した際に右手首を痛め、本格的な稽古を再開したばかりと明かした。「これから詰めていく。粘り強さと我慢強さを身につけたい」と力を込めた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ