PR

地方 地方

「こだますいか」で安全運転 筑西署、特産品配りキャンペーン

 筑西署(薗部修署長)は21日、筑西市蓮沼の国道50号で、特産品の「こだますいか」をドライバーに配って、事故防止を呼びかける交通安全街頭キャンペーンを行った。

 スイカキャンペーンとして収穫期に合わせて実施。梅雨のこの時期、視界不良やスリップ事故も予想されるため安全運転を呼びかけた。同署の宮島正秀交通課長は、交通安全協会や交通安全母の会の会員らに「管内の交通事故は減少傾向にあるが、皆さんの地道な活動で継続したい」とあいさつした。

 赤信号で停車した運転手は近づいてきた警察官らに驚いた様子。こだますいかを手渡されると、笑顔で「安全運転を心がけます」などと応じていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ