PR

地方 地方

合志で自動田植え機の作業公開 「スマート農業」を後押し

農研機構が公開した、無人運転で作業をする自動田植え機
農研機構が公開した、無人運転で作業をする自動田植え機

 農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構、茨城県つくば市)の九州沖縄農業研究センター(熊本県合志市)は、無人で稼働できる自動田植え機を使った作業を佐賀県神埼市で公開した。西日本で初めてとなり、福岡県や長崎県などから農業関係者約140人が集まった。

 農業の担い手不足が深刻化する中で、人工知能(AI)などを活用した「スマート農業」を紹介し、普及を後押しするのが狙い。

 自動田植え機は、最高速度が秒速1・86メートルで作業を進めることができる。緊急時には人間がリモコンで操作すれば急停止する。

 見学会は、農業法人「アグリベースにいやま」にある田んぼで実施した。最初に操縦者が乗って外周の田植えをした後、無人で稼働させて秒速約1メートルで進み、全体で約1千株の苗を植えた。

 田植え機を操作したアグリベースにいやまの古賀洋一郎氏(37)は「まっすぐ植えることができ、無駄がない。田植え機を監視するだけで良いので、(作業が)体力的にも楽になる」と利点を強調した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ