PR

地方 地方

【楽しい川柳国訛り】山形 今年は本当に天候不順な春

 《あったがくなって

   ほんてよがったな

    春野菜》

 山形市 榎本宏さん

 ・アッタガクナッテ

 …あたたかくなって。

 ・ホンテヨガッタナ

 …本当によかった。

 〈作者コメント〉

 今年は特に4月に入っても気温が上がらず、農家の皆さん大変心配しておりましたが、5月に入ってようやく暖かくなり、中旬ころから「アスパラガス」等を出荷できるようになったとか。この方言は尾花沢方面の言葉です。

 〈選者コメント〉

 今年は本当に天候不順な春でしたねえ。東北でも猛暑日が続いたり、いつもは涼しい北海道でも30度近いところもありました。

 それがどうでしょう。5月6月になると、又気温が下がってきたり、雨も少ないので農家の方は農作物の管理が大変でしょうねえ。

 私は仕事が農業でないものですから、先日温泉に行った時、思わず「天気続いていいなァ」と言ったら、一緒の湯ぶねのジッチャに「こっちァ、水足りねくて困ってるんだね!」と叱られました。

                   ◇

 さて、次のお題は「言い訳」とします。投句の〆切は7月4日です。

 このコーナーは「お国ことばで川柳」です。句には必ず「方言」を入れてください。方言の意味と句についてのコメントも、ぜひお書き下さい。      (方言研究家、川柳作家)

                   ◇ 

 次回の掲載は7月21日の予定です。

 次回のお題は「言い訳」

 本文にもあるように、次回、7月の〈お題〉は「言い訳」です。その場しのぎで口走ってしまったり、まずいことがあったときに使ってしまう常套(じょうとう)句もありますよね。そんな情景やエピソードを、方言も詠み込んで作句してください。全国どの地方の言葉でもOKです。

 投句の送り先は、〒980-0803 仙台市青葉区国分町2の14の18 定禅寺パークビル3F 産経新聞東北総局「楽しい川柳・国訛り」係まで。締め切りは7月4日(必着)とさせていただきます。

 応募作品が採用された方には紙面に掲載している渋谷伯龍さん描き下ろしの色紙をお送りします。ふるってご応募ください。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ