PR

地方 地方

列車と車衝突、会社員死亡 札幌、JR函館線踏切

 15日午後3時15分ごろ、札幌市西区のJR函館線発寒中央-発寒間の踏切で、千歳発ほしみ行きの普通列車(3両編成)と軽乗用車が衝突、軽乗用車を運転していた石狩市の会社員、工藤雅大さん(24)が死亡した。列車の乗客約150人のうち、60代女性が首の痛みを訴えている。

 西署によると、軽乗用車は大破し、線路外にはじき飛ばされた。現場は遮断機と警報機のある踏切。署は目撃者の話などから、軽乗用車が遮断機のバーが下がった後、踏切内に進入したとみて、詳しい状況を調べている。

 JR北海道によると、函館線などの一部区間の上下線で運転を約2時間見合わせ、86本が運休、約2万人に影響した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ