PR

地方 地方

香取さん主演の映画、ロケ地・塩釜で試写会 「凪待ち」28日公開 

映画「凪待ち」のロケ地・塩釜水産物仲卸市場で完成を報告した白石和彌監督(中央左)と主演の香取慎吾さん=13日、宮城県塩釜市(千葉元撮影)
映画「凪待ち」のロケ地・塩釜水産物仲卸市場で完成を報告した白石和彌監督(中央左)と主演の香取慎吾さん=13日、宮城県塩釜市(千葉元撮影)

 石巻市や塩釜市など県内沿岸部を中心にロケが行われた映画「凪待ち」(白石和彌監督、28日全国公開)の完成報告試写会が13日、ロケのスタート地でもある塩釜水産物仲卸市場(塩釜市)で開かれた。試写会には、主演したタレントの香取慎吾さん(42)がサプライズで登場。香取さんは「市場のおかげで役を作れた。みなさんに感謝したい」と笑みを浮かべた。

 「凪待ち」は毎日をギャンブルに費やして無為に過ごす主人公・郁男(香取)が、恋人とその娘の故郷、石巻市で再出発しようとする物語。白石監督は「市場で試写会というのもなかなかないので、ここでやれてうれしい」と喜びを語り、香取さんは「自分のファン層が増えてびっくり。何を言ってもおばあちゃんたちがこんなに爆笑してくれて…」と話し、集まった市場関係者約70人を沸かせた。

 また、香取さんはロケの思い出として「袋いっぱいのジュースを持ってきてくれた人がいた」と人の温かさを挙げた。映画の見どころについては「“ろくでなし”といわれている役だが、人は生きるとき、光を求めている。光が見えない時間でも生きなきゃいけない。そんな何かを感じていただけたら」と語った。

 試写会終了後に報道陣の取材に応じた白石監督は、「震災復興半ばで話題に上らなくなっているので(被災地で)撮れたらという思いがあった。胸に迫る映画だと思うので、心に傷を負った人に“凪”が訪れるといい」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ