PR

地方 地方

横浜の給食工場にネズミ死骸 1校で回収間に合わず

 横浜市教育委員会は、給食の製造業者の調理機器付近でネズミの死骸を発見し、市立小学校153校の児童計7万6950人に対する給食の米飯の提供を中止して回収を決定したが、うち1校で回収が間に合わず、計70人の児童が米飯を食べたと発表した。現時点で健康被害は出ていない。

 市教委によると、10日午前10時ごろ、同市総合パン・米飯協同組合(同市金沢区)の製造工場で、調理員が米飯の製造を終了後、スチーム式コンベヤー炊飯器を清掃・点検した際、米を浸すために使う水槽の横の溝でネズミ1匹の死骸を発見した。

 同日、児童に米飯の提供を中止し、回収することを決定。市教委が各校に連絡したものの、すでに1校の児童が口にしていた。市教委によると、ネズミの侵入経路や再発防止策が明確になるまで、同工場の米飯の製造や提供は中止するという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ