PR

地方 地方

ワールドラグビーCEOが都知事訪問

 9月20日に開幕するラグビーワールドカップ(W杯)日本大会まで100日を切り、国際統括団体、ワールドラグビー(WR)のゴスパー最高経営責任者(CEO)と大会組織委員会の嶋津昭事務総長が13日、都庁に小池百合子知事を訪ね、アジア初開催となる大会の盛り上がりに期待を示した。

 ゴスパー氏は、全国12会場で最多となる8試合が調布市の東京スタジアムで繰り広げられることなどに触れ、「経済効果の大きいイベントで、東京にとっても重要。チケットの売れ行きも非常に良い」と手応えを強調した。小池知事は「国民みんなが楽しみにしている。都としても素晴らしい大会になるよう努力していく」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ