PR

地方 地方

飲酒運転の町議取り調べ 青森・平内、辞表提出へ

 青森県平内町の工藤真一町議(64)が道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで青森署の取り調べを受けていることが13日、本人への取材で分かった。

 工藤町議によると、4日夕、同町松野木の自宅で焼酎の水割り2杯を飲んだ後、田んぼの見回りのため軽トラックを運転した。一時停止を無視したことで警察官に停車を求められ、呼気検査で基準値を超えるアルコールが検出された。

 取材に対し「疲れていたので『まあいいか』と思ってしまった。町民に申し訳なく思う」と話した。14日にも町議会事務局へ辞表を提出するという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ