PR

地方 地方

山形女医殺害 「これで安心」「動機は」 容疑者逮捕も住民複雑

 今年5月に東根市の医師、矢口智恵美さん(50)が自宅マンションで殺害された事件は12日、発生から急展開を迎えた。県警村山署捜査本部は殺人と住居侵入容疑で山形市東原町の山形大4年、加藤紘貴容疑者(23)を逮捕。犯行現場周辺の住民からは容疑者逮捕の一報に「これで安心だ」と安堵(あんど)の声が広がった。

 犯行現場となった東根市のマンション2階周辺は、依然としてブルーシートで覆われており、容疑者逮捕の知らせに大勢の報道陣が訪れた。

 近所に住む自営業の男性(40)はニュースで容疑者の逮捕を知り、「小さい子供を迎えに来ているので、これで安心した」と安堵した表情で話した。また、東根市神町の主婦、佐藤唯香さん(32)は「犯人が逮捕され、ホッとした」としながらも、「山形市の大学生が東根市まで来て、なぜ犯行に及んだのか。動機が分かれば、安心できますが」と複雑な表情を浮かべていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ