PR

地方 地方

「救助カレー」完成 災害時、警察部隊に供給 兵庫、民間とコラボ

 南海トラフ巨大地震など将来発生が予想される大規模災害に備え、県警は12日、神戸市東灘区の食品会社「エム・シーシー食品」と、警察活動に必要な食品の供給に関する協定を締結した。

 この日、神戸市中央区の県警本部で、県警の加藤晃久本部長と同社の水垣佳彦常務が出席し協定を締結した。また、同社と県警のコラボで開発したレトルトカレー「災害と闘う救助隊員のカレー」を披露。パッケージ両面に広域緊急援助隊員の姿をあしらい、裏面で災害時の率先避難を呼びかけている。災害現場で活動する警察部隊に供給されるほか、今月下旬からは1個300円で一般向けにも販売される。

 水垣常務は「厳しい現場でもおいしいものを食べていただきたいとの思いで開発した」と話している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ