PR

地方 地方

高齢者事故防止へ装置費用9割補助 予備費など活用検討 都方針

 高齢ドライバーによる事故を防ぐ対策を検討している都は11日、アクセルとブレーキの踏み間違いを防止する装置などを付ける高齢者に対し、その費用を9割補助する方針を明らかにした。自己負担額は3千~9千円程度とみられる。対象となる装置や開始時期は今後検討する。

 踏み間違いを防ぐ装置は多くの商品があり、費用は3万~10万円程度。都は予備費などを活用して、その9割の補助を検討している。対象となるのは補助制度が始まってから1年程度と期間を限定する。都幹部で構成するプロジェクトチームが今後、補助の対象年齢や具体的な仕組みなど詳細を詰める。また高齢者の免許の返納を促進する制度についても議論していく。

 池袋で4月、乗用車が暴走し母子2人が死亡した事故など、高齢ドライバーによる事故が相次いでいる。小池百合子知事は今月10日、都内の自動車用品店を訪れ、実際に事故防止装置が付いた自動車を試乗し、効果を検証した。

 小池知事は11日の定例議会で、高齢者事故についての代表質問に対し「高齢社会への対応、インフラの安全、先端技術をいかに活用できるか、日本社会が抱える課題が複合的に絡み合っている。丁寧に手を打っていくことが求められている」と答弁した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ