PR

地方 地方

岩肌に浮かぶ夏至観音像 小豆島霊場

岩肌に現われた「夏至観音像」=香川県小豆島町
岩肌に現われた「夏至観音像」=香川県小豆島町

 香川県の小豆島霊場1番札所「洞雲山」(小豆島町)の岩肌に夏至(22日)の前後約50日だけにみられる「夏至観音像」が観察され始めた。岩肌に浮かび上がった像に、お遍路さんらが手を合わせている。

 太陽の光が、西向きの切り立った岩肌に差し込むと、明るく照らし出された部分が観音像のように見える現象。午後3時ごろになると足元から徐々に明るくなり、頭を少しかしげて錫杖(しゃくじょう)を手にした高さ約3メートルの姿が現れる。

 全体を目にすることができるのは数分間で、梅雨と重なることも多いため、神秘的な姿を見ることができたら幸運とされている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ