PR

地方 地方

群馬県、新たな公文書条例 年度内制定の方針

 県は、新たに制定を検討している公文書を適正管理する条例について、令和元年度内の制定を目指す方針を示した。

 公文書は従来、各部局ごとの内部規定に基づいて管理・保存してきた。新条例制定により全庁的な統一ルールの下で管理・保存する体制を整備し、貴重な文書については県立文書館(前橋市)で保存することをルール化する。実際の運用では、外部有識者でつくる第三者機関の判断を仰ぐなどする計画だ。

 県によると、同種の条例は東京や島根など8都県で既に制定されている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ