PR

地方 地方

福岡高齢男性暴走事故から1週間 ブレーキ踏み間違えか、捜査長期化の様相

9人が死傷した多重事故のあった交差点
9人が死傷した多重事故のあった交差点

 福岡市早良区の交差点に81歳男性の運転する車が突入し9人が死傷した多重事故で、手前約700メートル地点で車が追突事故を起こした後、中央線付近をほぼ直進していたことが10日、捜査関係者への取材で分かった。11日で発生から1週間。福岡県警は一定程度ハンドル操作をしながら、ブレーキとアクセルを踏み間違えた可能性もあるとみて捜査している。車は平成12年式で、操作状況を自動記録する「イベントデータレコーダー」(EDR)やカメラが付いていなかったことも判明した。捜査関係者は「原因解明まで時間がかかる」としている。

 事故は4日午後7時ごろ発生した。交差点の手前約700メートルの片側2車線の道路で、小島吉正さん(81)運転のワゴン車が前方の車に追突後、左側から回り込む形で対向車線にはみ出した。中央線をまたぐようにしながらほぼ直進を続け、交差点の200メートルほど手前から対向の車とタクシーに次々と衝突し交差点へ突入。右折中の前方の車2台を巻き込んで歩道に乗り上げ、小島さんと妻の節子さん(76)が死亡、通行人1人を含む男女7人が負傷した。

 司法解剖の結果、小島さんに心筋梗塞など身体に異変が生じた形跡は見つからなかった。捜査関係者によると、運転席に異物はなく、ブレーキのペダル下に物が挟まって動かなくなったとは考えにくく、誤ってアクセルを踏み続けた可能性があるとしている。交差点に突入時は法定速度50キロを大幅に超えるスピードが出ていた。

 運転者の行動と心理に詳しい九州大大学院の志堂寺和則教授(交通心理学)は「事故でパニックになりブレーキとアクセルを間違えるケースは一般的にある。ただ長距離を誤って走り続けるのは珍しく、気を失っていた可能性も含めて、調べなければいけない」と指摘した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ