PR

地方 地方

野田小4虐待死 高リスク分かったはず 県検証委副委員長が講演

 野田市立小4年の栗原心愛(みあ)さん=当時(10)=が1月に死亡した虐待事件を受けて、県柏児童相談所の対応などを検証する県の第三者委員会の小木曽(おぎそ)宏・副委員長が9日、千葉市中央区で講演した。過去の児童虐待の事例から、「心愛さんの家庭はリスクが高いことは分かったはずだ」と指摘し、児相の対応を問題視した。

 小木曽氏は、子供に義務教育を受けさせない▽児相などの面会を拒絶する▽転居を繰り返す-など公的サービスを受けることを拒否する家庭を「浮遊する家族」と呼び、「児童虐待のリスクが高い」と警鐘を鳴らした。その上で、心愛さん一家も、沖縄県糸満市にいた平成29年、同市が接触を試みた直後に野田市に引っ越していることなどから、浮遊する家族に当たるとした。

 小木曽氏は「児童虐待は人権侵害だ。その意識が日本ではまだ薄い」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ