PR

地方 地方

群馬知事選 「県民の幸福度上げる」山本氏が事務所開き

 任期満了に伴う知事選(7月4日告示、21日投開票)に出馬予定の山本一太参院議員(61)=自民推薦=が9日、前橋市内に選挙事務所を開いた。開所式には県選出の国会議員や県議、後援会関係者ら約500人が集まり、選挙戦に向け陣営の結束を図るとともに必勝を誓った。

 あいさつに立った山本氏は「(知事として)県の経済活性化に取り組むのは当然だが、それよりも県民の幸福度を上げることが最大の使命だ」と力説。その上で、「今までで最も県民に身近な知事になる」と決意を語った。

 開所式には中曽根康隆、尾身朝子両衆院議員ら県選出国会議員5人のほか、県議32人、各市町村の首長28人が顔をそろえた。中曽根氏は「山本氏は最強の候補だ。圧倒的な勝利に向けて戦い抜こう」とげきを飛ばした。

 任期満了に伴い、知事選と同日程で行われる予定の参院選群馬選挙区(改選数1)に出馬予定の元県議、清水真人氏(44)=自民公認=も姿を見せ、自身への支持を訴える一幕も。「相乗効果を発揮するため清水、山本両氏がそろう」(選対関係者)場面も今後増えそうだという。

 知事選には、元教諭で元全群馬教職員組合執行委員長の石田清人氏(62)=共産推薦=が、参院選群馬選挙区には元大学准教授、斉藤敦子氏(51)=立憲民主公認=がそれぞれ出馬を表明している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ