PR

地方 地方

ベビー服で子育て応援 有田市、生後2カ月宅に出産祝い

 望月良男市長は「誰かにプレゼントを贈るときのような、心の温かみが詰まっている事業。安心して子供を産みたいと思える社会を作っていくきっかけになれば」、同社の小野行由社長は「ベビー用品を出産祝いとして贈呈するフィンランドの事業の日本版として、日本の子育て環境にポジティブな影響を与える活動になることを期待している」と話した。

 市は同日、約2億6400万円の令和元年度一般会計補正予算案などを発表した。7日開会の市議会6月定例会に提案する。会期は28日まで。一般質問は25、26日の予定。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ