PR

地方 地方

新幹線整備隔たり鮮明 長崎「フル規格」/佐賀「計画白紙」

 長崎県の平田研副知事が3日、佐賀県庁を訪れ坂本洋介副知事と会談し、九州新幹線長崎ルートで未着工の新鳥栖-武雄温泉(佐賀県)の整備方式について協議した。平田氏がフル規格での整備に理解を求めたのに対し、坂本氏は「計画は白紙だ」と新幹線建設に反対している佐賀県の立場を強調し、両県の隔たりが鮮明になった。

 坂本氏は3日に就任し、両氏が副知事として意見を交わしたのは初めて。未着工区間の整備方式を議論している与党検討委員会はフル規格化の意見を近く取りまとめる見通しで、平田氏は新幹線建設を受け入れなければ「財源確保の議論に乗り遅れる」と主張した。

 これに対して坂本氏は、佐賀県がいったん合意していたフリーゲージトレイン(軌間可変電車、FGT)の導入が前提との立場を改めて強調。与党が開発遅れなどからFGTの導入を断念したのを踏まえ、「ゼロから議論しなければならない。長崎県とは立ち位置が違う」と述べた。

 坂本氏は会談後、新鳥栖-武雄温泉の整備方式に関しては「県民の意見もある」と指摘し、佐賀県議会とともに対応を検討する意向を示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ