PR

地方 地方

さくらんぼマラソン 1万2000人超健脚競う 山形

 東北最大級の参加者を誇る市民マラソン「第18回果樹王国ひがしねさくらんぼマラソン大会」が2日、東根市で開かれ、1万2千人を超す参加者が日頃の健脚を競った。

 午前8時過ぎ、距離別に陸上自衛隊神町駐屯地をスタート。10キロ、ハーフマラソンの部に参加したランナーは、農家から差し入れされたサクランボを頬張りながら「さくらんぼロード」を懸命に駆け抜けた。

 5キロの部に参加した最高齢の小幡慶夫さん(87)=宮城県=は45分41秒で完走。最年少の小学1年生の結城那友多(なゆた)君(6)=東根市=も父親の琢也さん(39)と3キロの部を19分29秒で完走し、「楽しかった」と笑顔だった。

 ハーフマラソンの部では、男子は大橋真弥さん=宮城県=が1時間5分48秒で総合優勝。女子は小田恵梨さん=愛知県=が1時間20分6秒で制した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ