PR

地方 地方

大量退職の橘学苑、講師雇用契約書に不備

 横浜市の学校法人「橘学苑」が運営する中高一貫校で非正規雇用の教員が大量退職している問題で、県は常勤、非常勤講師の雇用契約書の一部に労働基準法上の問題点があったとの調査結果を明らかにした。県は橘学苑に、神奈川労働局の指導を受けて適切に対応するよう求めた。

 県によると、昨年度までの6年間で常勤、非常勤講師69人が退職していたことが判明。契約更新の基準について口頭で説明や確認をしていたが、一部の講師の契約書に記載がなかったという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ