PR

地方 地方

福島のスキー場が豪で人気 シドニー「旅行博」、予約は昨年の2倍

 県内のスキー場がオーストラリアで人気を博している。シドニーで26日に行われた「スキー旅行博」で、県と県内スキー場の団体「東北索道協会福島支部」が県内スキー場のリフト券と宿泊のパック(5泊6日)を販売したところ、1日で400人超から予約が入った。昨年の約200人から一気に倍増し、関係者を驚かせている。

 県内のスキー場は雪質の良さなどでオーストラリアの愛好者から注目されており、口コミで人気が広がっている。スキーシーズンの今年2月に県内で宿泊したオーストラリア人は3540人で、昨年(470人)の約7・5倍に。多くはウインタースポーツを目的に訪れたとみられる。

 「スキー旅行博」は毎年開催されており、福島支部の参加は4回目。以前は旅行代理店の関係者がほとんどだったが、今年は個人で来場した人が多かった。

 主力商品は5泊に朝食とリフト券が付いて、日本円で3万円ほどの平日パック。割安感があるため、会場で料金を知って予約した人もいたという。

 県観光交流課の加賀谷宏明主幹は「倍になったのは予想外だった。(福島のスキー場の)認知度は確実に上がっている。今後はネットなどで情報発信し、さらなる集客に努めたい」と話している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ