PR

地方 地方

酒気帯びで事故の宮崎県職員免職

 宮崎県教育委員会は27日、酒気帯び運転で物損事故を起こしたとして、小林市の県立小林秀峰高の山下和樹臨時的任用職員(30)を、懲戒免職処分とした。山下職員は同校で農業の実習助手や、女子ハンドボール部の顧問を務めていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ