PR

地方 地方

来月開催のG20財務相・中央銀行総裁会議 「フィンテックの福岡」アピール

G20財務相・中央銀行総裁会議を盛り上げようと福岡市役所で開かれた推進協力委員会
G20財務相・中央銀行総裁会議を盛り上げようと福岡市役所で開かれた推進協力委員会

 ■起業家ら集いイベント

 福岡市で6月8、9両日に開かれる20カ国・地域(G20)の財務相・中央銀行総裁会議に合わせ、官民挙げて関連行事を催す推進協力委員会が22日、イベント概要を発表した。5月末から6月7日まで、金融とICT(情報通信技術)を融合したフィンテック分野を中心に、起業家や専門家の講演会などを多数開催し、ベンチャーが集う福岡市をアピールする。(九州総局 中村雅和)

 このうち28日には、福岡市などが「フィンテックが切り拓くビジネスの未来」を西鉄グランドホテルで開く。ふくおかフィナンシャルグループ(FG)傘下の福岡銀行が開発した「iBank」の企画担当者らが登壇する。

 iBankは、決済や送金など金融サービスがスマートフォンでできるアプリで、福岡銀行が平成28年に始めた。銀行側のニーズをくみ取っており、ふくおかFGの3行だけでなく、広島銀行や十六銀行(岐阜県)など、全国に広がる。福岡がリードするフィンテックといえる。

 このほか、6月7日にはアクロス福岡で「キャッシュレス決済」をテーマにしたイベントがある。「LINE Pay(ラインペイ)」をはじめ、決済サービスを提供する企業の幹部が登壇する。

 このほか、同市中央区の創業支援施設「福岡グロースネクスト」(FGN)では、「G20ウイーク」と題し、6月1~6日に講演会やセミナーを開く。

 家計簿アプリを手がけるマネーフォワードの共同創業者や、スマートフォン決済サービス「メルペイ」の技術責任者、仮想通貨を支える技術に強みを持つベンチャー企業「Nayuta(なゆた)」(同市中央区)の代表らが登壇する。

 学生や社会人を対象に、ビジネスアイデアを競うコンテストも開く。

 フィンテックに関する技術革新は全世界規模で進む。G20の議長国である日本政府は、「金融セクターにおける技術革新」を、財務相・中央銀行総裁会議における重要議題10項目の一つに挙げる。

 金融庁は8日、フィンテックなどをテーマにしたセミナーを主催する。国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事や、三菱UFJFGの平野信行会長、オランダ中銀のクノット総裁らが登壇予定となっている。

 創業特区を掲げる福岡市は、フィンテック分野の人材や企業の集積を目指しており、G20をアピールの機会ととらえる。

 高島宗一郎市長は「(G20は)遠い話のようで、私たちにとって身近な変化についての話題が満載だ。それらをかみ砕いて理解してもらい、成果として残していきたい」と意気込みを語った。

 イベントの詳細などは市の専用ホームページ(https://www.g20fukuoka.city.fukuoka.lg.jp/)。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ