PR

地方 地方

鉄道の魅力を身近に JR東など、大宮で25日フェア

 JR東日本とさいたま市は25日に同市大宮区にある車両センターと大宮駅東口と西口の3会場でイベント「鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア」を開催する。地域の人たちに鉄道の魅力を身近に知ってもらうため、毎年恒例となっている。

 3会場は、車両センターと東口まちなか・大宮駅構内(銀座通り、駅コンコース)、西口まちなか(鐘塚公園など)。今年の目玉は車両センター会場で行われる特急「踊り子号」185系試乗会。車両センター内の試運転線で約1・7キロを走行する。乗車時間は約15分で9回の運転を予定している。

 車両センターの食堂も一般に開放する。東口まちなか・大宮駅構内会場では、3月にオープンした東日本連携センターで新幹線沿線の名産品を販売する。鐘塚公園では、こども駅長制服撮影会を実施する。各会場をめぐるスタンプラリーのイベントも実施する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ